法人概要

ソノリテのこと

江崎プロフィール

エンジニアリング企業のOL、テレビ局派遣スタッフ勤務を経て、1998年放送大学教養学部に入学。子育てをしながら子どもを取り巻く環境と地域社会におけるNPOの可能性の研究に力を注ぎ、2002年に卒業。
在学中、つくば市の市民活動センターの設立準備やNPOのインターシップ制度導入、県内のNPO調査を実施。

卒業後、「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」入職。

事業管理部に配属後、会員管理データベースシステムの構築、人事制度確立、毎月定額引落しの毎月募金やオンラインによるクレジットカード募金、コンビニ・Edy等の募金ツールの導入を行うなど、2002年11月NPO法人化、2006年7月認定(国税庁認可)取得他、JCVの組織基盤作りや、運営体制の構築に大きく貢献。

また、AC(公共広告機構)のCM制作に従事し国内の広報活動を行う傍ら、支援先国ミャンマーへ何度も足を運び、2009年2月には、ボランティアを含めた15名の視察団の団長としてミャンマー国民からの大きな歓迎を受ける。

新たな取り組みとして、2008年、日本の寄付文化の創出・定着に向けたプロジェクト「僕のルール・私の理由」エッセイコンテスト企画。日本全国の老若男女、メディアから大きな反響を受け、第1回日本ファンドレイジング大賞の受賞。

2009年9月にJCVを退職、10月よりNPO法を議員立法で成立させ、NPOへの税制優遇を進める認定NPO法人制度の改正運動などを行っている、「シーズ・市民活動を支える制度をつくる会」にコミュニケーション・ディレクターとして入職。全国のNPO法人の要望を集約し税制改正に向けて働きかけを行うほか、認定NPO法人取得セミナーの講師を税理士の脇坂誠也氏とともに務めた。また、NPOの資金調達をサポートするための、ファンドレイジングネットの運営と、ファンドレイジングイベントを開催した。

2010年4月より、株式会社ソノリテを設立、代表取締役に就任。

ふたつの軸が共鳴し合って音を発するように、社会のために活動されている人々の想いを繋げる組織。また楽器のチューニングに音叉が使われるように、社会を正しい方向に導く組織を目指し、NPOや社会貢献事業に対し、組織基盤強化のためのコンサルティングを行うほか、オンライン募金システムのサービス提供や、これまでの人脈を生かして会計税務専門家や企業担当者、メディアとNPOをつなぐネットワークづくりのための交流会などを企画している。

<出演番組>

2009年2月8日、15日 TBS「イブニングニュース」ミャンマー密着取材放映

2009年2月24日 TBS CSニュースバード 「ニュースの視点」ゲスト出演 他

<寄稿>

「NGOのファンドレイジングの強化に向けて」外務省NGO研究会報告書

<イベント出演>

マイクロソフト主催NPO Day2006 等にパネラーとして出演

2005年~2008年 茨城マナビイネット運営委員

2006年4月~2007年3月 外務省NGO研究会ファンドレイジング研究会委員

2007年~2008年度, 2011年度~ ちよだボランティアセンター運営委員

2009年7月~茨城NPOセンター・コモンズ理事