親愛なるキン・モー・インさん

昨夜、衝撃的なニュースが入ってきました。

ソノリテ、そして私とミャンマーは、深いご縁があります。

とっても大切な、親しい友人がたくさんいます。

そのひとり、ミャンマーの旅行会社で、世界の子どもにワクチンを日本委員会の

視察ツアーをアレンジし、支援活動を支えてくださっているツアーマンダレー社の

日本セクションのマネージャ、キン・モー・インさんの突然の訃報です。

実は、私事ですが、12月28日に祖母が95歳で他界しました。

年末年始は、親戚が集まってゆっくりとお別れをすることができたので、

さびしくなるけど、祖母との思い出を振り返ったり、感謝する時間でした。

そこへ続けての訃報。信じられない。

昨年の3月、私はクライアントの寺子屋の事業でミャンマーを訪れる機会に恵まれ、

プライベートで1泊、バガンへの旅行をしたいとキンさんに相談したときに、

私もプライベートで一緒にいくわ、と言ってくれました。

その直後、乳がんがみつかり、緊急手術、バガンへ一緒にいくことが出来なくなったけれど、

空港ではいつもと変わらない笑顔で迎えてくれました。

大丈夫、心配いらない、といつも気丈に、私たちを気遣ってくれていました。

その前の年、旅行博に出展するために来日したときには、浅草観光を楽しみました。

スカイツリーでは、子どものようにはしゃいでいましたね。

JCVの15周年の記念誌に、キンさんはこのように寄稿してくれました。

「今まで生きてきて、人のために何か良いことを一回でもやったでしょうか?この質問を自分に投げかけたのは

私の国ミャンマーを2008年5月3日ナルギスサイクロンが襲った日でした。

・・・・・・(中略)

日本の皆様の心を集められるJCVの力にとても驚くと同時に、お手伝いしてチャイルドキットを袋詰めするとき、

私たちの気持ちはJCVと一つのファミリーになっている感じがしていました。・・・・・・・」

キンさんとは、ほんとうに家族のようにお付き合いをさせていただきました。そして、

私たちが気が付かないこと、忘れていたことをたくさん教えていただきました。

今度、来日したら温泉に一緒に行こう、と言っていた約束が果たせないまま。

これからも、ずっと家族だよね。ありがとう、キンさん。

 

 

 

 

 

前の記事

新年の抱負1